トップイメージ

エピレーシックでは

エピレーシック(EPI-LASIK) とは、専用のエピケラトームと呼ばれる医療機器を使用して通常のレーシックよりもフラップ(角膜に作るフタ状の部分)をさらに薄く約50マイクロメートルの角膜上皮のみで作成し、エキシマレーザーを照射することによって近視・遠視・乱視を矯正するレーシックの術式の1つです。 エピレーシックでは、フラップはやがて剥がれ落ち、新しい角膜上皮が再生します。 そのため、通常のレーシックと異なり、眼球に強い衝撃を受けてもフラップがずれるという事がありません。

エピレーシックの利点(レーシック・PRKとの違い)

1.エピレーシックはフラップを薄く作成しますから、レーザーによって削られる角膜の厚みと強度を十分に確保しやすい。
そのため、適応検査で近視・乱視の強さに対し角膜の厚さの問題のために通常のレーシックをお受けいただけなかった方も適応となりやすいといえます。

2.エピレーシックでは最終的にフラップ自体が消失しますから通常のレーシックと異なり、目に対する強い打撃や衝撃でもフラップがずれたりすることがありません。
そのためボクシングなど眼球に打撃のあるスポーツをする方にもおススメです。

3.フラップを作成するのにアルコールなどの薬品を使用しない為、それに伴う正確性の低下・角膜への負担などのリスクの心配が少ない

PRKよりも視力の回復や安定が早いといわれています。

エピレーシックの欠点

1.エピレーシックでは、フラップが非常に薄いためと、手術後痛みがあるため、3〜7日程度保護用のコンタクトレンズを着用する必要があります。
また、手術日当日から術後3ヶ月〜半年は、日中の紫外線を避けるために屋外でサングラス(透明であればUVカット)を使用する必要があります。

2.通常のレーシックに比べ、ヘイズ(角膜混濁)が起こる可能性が少なくなく、ハロ・グレアの出現、コントラストが低下するなどの症状はレーシックと同様に出る可能性があります。

エピレーシックが受けられるおススメクリニック

【1位】品川近視クリニック

レーシック品川近視クリニックレーシック
品川近視クリニックは、48万症例という世界でもトップクラスす。
患者様にも満足して頂けるように、常に最高級の設備や最高級の医療を実践しています。
レーシック手術を行う品川近視クリニックの医師は、日本眼科学会の認める眼科専門医でもあり、イントラレース社の公認ドクターとしても認められています。

■東京で施術をご希望の方はコチラ⇒品川近視クリニック
■名古屋・大阪・福岡で施術をご希望の方はコチラ⇒品川近視クリニック

【2位】神戸神奈川クリニック

レーシック 最安値

神戸神奈川アイクリニック
神戸神奈川クリニックは、神戸神奈川アイクリニックは経験豊富な眼科専門医をはじめとした視力回復手術のエキスパートが常にお客様の視点に立ち、心を込めたおもてなしと充実のアフターケアでしっかりサポートいたします。
医療法人社団稜歩会 神戸クリニックは、同一法人である神奈川アイクリニックと統合し、「神戸神奈川アイクリニック」に名称変更いたしました。この統合により、神戸神奈川アイクリニックは日本最大規模の視力回復手術専門クリニックとなりました。

サイトMENU

Copyright (C) 2008 視力を回復したい方へ. All Rights Reserved.