トップイメージ

視力矯正手術と保険

レーシックをはじめとして、視力矯正手術を考える時に気になるにはやはりその手術費用です。 そこで気になるのが健康保険が使えるのか?ということや生命保険や医療保険の給付は受けられるのかといった事です。

レーシックなどの視力矯正手術にかかる費用は10万程度から50万を超えるものまで見受けられます。 とはいえ、少し前とは比較にならない程低価格になってきていますし、常に技術の進歩をしており、また世間に広まってきたことにより身近な受けやすい手術になってきており、テレビなどでプロスポーツ選手や有名人、芸能人がレーシック手術をしたという話題もよく聞きますし、身近な方でもレーシックを受けたという方も珍しくなくなってきています。

健康保険制度は使えるの?

残念ながら、レーシックなどの視力矯正手術は原則的に健康保険制度適用外なので自費での診療となります。 そのため、手術にかかる金額はクリニックや医院によって大きく異なるのが実情です。

手術給付金:民間の生命保険や医療保険は利用可能?!

健康保険制度は使えませんが、民間の生命保険や医療保険の中には利用可能なものがあり、多くの生命保険や医療保険で手術給付金の対象になっていますから、手術給付金が支払われるケースが少なくありません。
健康保険に比べれば、金額としては大きな補助にはならないかもしれませんが、一般的に3万円〜10万円くらいの手術給付金が支給されます。せっかく加入している保険ですから利用出来る物は利用しましょう。
ただし、加入条件や内容にもよるので、利用をするためには加入している保険会社に問い合わせて確認する必要があります。
この時、正式名称である「レーザー角膜屈折矯正手術」を受ける旨を伝えましょう。
必ず利用出来るという事ではないので、確認と知り合いにレーシックなどを受けた方がいれば聞いてみることをおススメします。

※手術給付金を受け取るには保険会社から規定の給付金申請用の診断書を受け取り、手術を受ける病院で証明書の内容とサイン・印鑑をもらってくる必要があります。

医療費控除は受けられる?!

医療費控除は、1月から12月までの間に、本人または家族(税法では「生計を一にする親族」といいます)が支払った医療費が10万円を越える方は、確定申告をすれば税金の還付が受けられます。 レーシックをはじめとして、視力矯正手術も医療費控除の対象になりますから、支払い済み医療費の領収証を大切に保管し確定申告の際に提出して下さい。

【注意】
■都道府県で扱いが違い、必ず控除対象となるとは限りませんので、控除対象か否かは、お住まいの地域の税務署にお問い合わせください。
■10万円を超えた医療費全額が戻るわけではなく、所得税率など複雑な計算によって、最終的な還付金額が決定いたします。
※確定申告は、1月から12月までの間に支払った医療費を、通常翌年の2月16日から3月15日までに申告します。

サイトMENU

Copyright (C) 2008 視力を回復したい方へ. All Rights Reserved.