トップイメージ

ラセックでは(他のレーシックとの違い)

ラセック(LASEK)とは、アルコールを使用してやわらかくなった角膜上皮を持ち上げ、角膜上皮のみの薄い蓋(フラップ)を作成し、エキシマレーザーを照射し屈折力を調整することにより視力を回復するという術式です。

ラセックと他のレーシック方法との違いは、保護層を切り取らない方法であるということです。

PRKやエピレーシックと同様にボーマン膜をレーザーで除去し、角膜実質層を削ることで視力を回復します。 また、角膜上皮のみのフラップは数日で再生します、そのため通常のレーシックと異なり、強い眼の衝撃でもフラップがずれることはありません。

ラセックの利点

ラセックは、マイクロケラトームを使用する他のレーシックに対して、フラップをさらに薄く作りますから、レーシックの適応範囲や矯正度数の限界を安全に確実に克服した手術と言えます。
つまりフラップを薄く作成するので、角膜の厚みを十分に残すことができ、強度近視の方や角膜が薄い方にも対応できます。 また、ラセックでは作成されたフラップ自体が、角膜の上皮細胞は2週間毎に新しく生まれ変わるためなくなり、眼球に打撃のある格闘技などの激しいスポーツをする方でも安心して手術を受けられます。

ラセックの欠点

1.フラップが非常に薄いため、術後3〜7日間ほど、保護用のコンタクトレンズを使用します。
また、手術日当日から術後3ヶ月〜半年は、日中の紫外線を避けるために屋外でサングラス(透明であればUVカット)を使用する必要があります。

2.欠点ではありませんが、現在では目の状態によりラセックをおすすめする場合もあるようですが、最新のエピレーシックを選択するケースがほとんどのようです。

ラセックが受けられるおススメクリニック

【新着】SBC新宿近視クリニック

SBC新宿近視クリニック

SBC新宿近視クリニック

人気の秘密は、国内トップクラスの経験を持つ医師が執刀、安心の生涯保証制度&徹底した感染症対策。

今までレーシックに慎重だった医師も認めた「SBCプラチナイントラレーシック」は、角膜の解析から矯正までをコンピュータ制御で行う効果の高い施術で、多くの方に喜ばれています。

【1位】品川近視クリニック

レーシック品川近視クリニックレーシック
品川近視クリニックは、48万症例という世界でもトップクラスす。
※特にイントラレーシックは、様々な賞を受賞しております。
患者様にも満足して頂けるように、常に最高級の設備や最高級の医療を実践しています。
レーシック手術を行う品川近視クリニックの医師は、日本眼科学会の認める眼科専門医でもあり、イントラレース社の公認ドクターとしても認められています。

■東京で施術をご希望の方はコチラ⇒品川近視クリニック
■名古屋・大阪・福岡で施術をご希望の方はコチラ⇒品川近視クリニック

【2位】神戸神奈川クリニック

レーシック 最安値

神戸神奈川アイクリニック
神戸神奈川クリニックは、神戸神奈川アイクリニックは経験豊富な眼科専門医をはじめとした視力回復手術のエキスパートが常にお客様の視点に立ち、心を込めたおもてなしと充実のアフターケアでしっかりサポートいたします。
医療法人社団稜歩会 神戸クリニックは、同一法人である神奈川アイクリニックと統合し、「神戸神奈川アイクリニック」に名称変更いたしました。この統合により、神戸神奈川アイクリニックは日本最大規模の視力回復手術専門クリニックとなりました。
----------------------------------------------------------------

サイトMENU

Copyright (C) 2008 視力を回復したい方へ. All Rights Reserved.