トップイメージ

PRK手術とレーシックの違い

PRKとレーシックの最も大きな違いは、もちろん手術方法です。
では、どのような部分が違うか、PRKとレーシックを比べてみます。

■レーシック
レーシック手術は、マイクロケラトームよばれる機械で角膜表面を薄く削ってフラップ(フタ)を形成(レーザーによってフラップを形成する術式もあります)。
そこから角膜実質にエキシマレーザーを照射することで屈折率を変え、 光が正常に焦点を結ぶように調節し視力を矯正する手術。

当サイトで紹介しているエピレーシック、ラセックはレーシックの種類の一つです。

■PRK
PRKは、角膜上皮を処理したあとに、エキシマレーザーを照射します、そしてソフトコンタクトレンズで上皮の再生を促す手術。
その後、約48時間〜72時間後にコンタクトレンズを外します。

PRK手術は、手術時間も5分程度で、安全性が高く、手術中の痛みはないのですが、手術後痛みが出ます。
また、視力回復、視力の安定までに時間がかかる場合があります。
適応としては、軽度〜中等度の近視、軽度乱視です。

PRKとレーシック手術と比較して

PRK手術は、フラップをつくらないため、安全性が高く、角膜の強度が保たれるため、格闘技なども可能です。 ただし、手術後しばらくはハードコンタクトを初めてつけたときに滲みるくらいの痛みがあります。

PRKはこんな方におススメ
■術前検査の結果、角膜が薄く、レーシック手術が出来ないと診断された方。
※注意:術前検査によっては、手術が出来ないと診断される場合もあります。
■ボクシングをはじめとする格闘技等をされる方。

角膜が薄いため、レーシック手術ができないと言われた、でもプロボクサーになりたいから、裸眼視力を上げたい、どうしても視力回復を果たしたいあなたにPRKをご紹介しました。

おススメクリニック

PRKが受けられるクリニック

レーシック 最安値

神戸神奈川アイクリニック
神戸神奈川クリニックは、神戸神奈川アイクリニックは経験豊富な眼科専門医をはじめとした視力回復手術のエキスパートが常にお客様の視点に立ち、心を込めたおもてなしと充実のアフターケアでしっかりサポートいたします。
医療法人社団稜歩会 神戸クリニックは、同一法人である神奈川アイクリニックと統合し、「神戸神奈川アイクリニック」に名称変更いたしました。この統合により、神戸神奈川アイクリニックは日本最大規模の視力回復手術専門クリニックとなりました。
----------------------------------------------------------------

サイトMENU

Copyright (C) 2008 視力を回復したい方へ. All Rights Reserved.