トップイメージ

視力矯正手術とリスク

レーシックをはじめとして視力矯正手術をスポーツ選手や芸能人の中でも最近では行う人が増えてきており、身近なものになってきましたが、他の手術同様、失敗、術後合併症等のリスクや合併症などの問題も知っておいた上で検討する事が必要です。

レーシックをはじめとして視力矯正手術の持つ様々なリスクについて

まず第一に、希望する人が誰でも受けられるわけではないという事です。 手術前の適性検査で、角膜厚が足りないと判定された場合や合併症があるなどの理由で受けることが出来ない場合があります。
また、近視の進行する10代などの若いうちは手術が受けられません(※18歳以降なら可能)。

では、手術後に起こりやすい症状について見ていきましょう。

■ハロ・グレア
レーシックをはじめとして視力矯正手術の合併症として最も多いものが、手術後一過性に「ハロ」や「グレア」と呼ばれる、夜間や蛍光灯の下でまぶしく感じたり、光の周りがぼやけて見えたりする症状がでることがあります。
手術後の一過性であり時間経過とともに殆どの人は治り、合併症の中では軽度の症状の一つでもあります。

■ドライアイ
ドライアイは、ハロ・グレアの次に起こりやすい症状としてあげられます。 手術によって角膜の神経を切断してしまった場合、涙の循環が鈍るなどしてドライアイとなってしまう可能性がありますドライアイの治療を点眼薬などでする必要性がでてきます。

■不正乱視
角膜にレーザーを当てて削る際に、角膜を不均一に削ってしまう事によって発生するのですが、可能性としては稀ですが、レーザーを当てている最中に目を動かすと原因に繋がる可能性があります。 レーザーに追尾機能が付いているとはいえ、目は極力動かさないようにしましょう。
また、不正乱視が発生しても時間経過とともに治る事が多いのですが、治らない場合もあります。

■その他
・フラップを作るときや戻すときに角膜表面にしわが出来る、衛生上の問題で感染症にかかったりする。 ・角膜拡張症という症状や、眼圧の上昇により緑内障の原因になる可能性もあります。
・眼圧検査の際、眼圧が手術前よりも低下するため、術後実際の値よりも過小評価されるので、レーシックなど視力矯正手術を受けたことを申告する必要があります。
・白内障手術の際、眼内レンズの度数ずれをおこすことがある
・角膜を削り過ぎた場合などは遠視になり、これを再度修正することは相当困難である。
・夜間瞳孔が開くと、二重像を生じることがある(角膜中心部の曲率しか変わらないため)。

一定以上の視力を必要とする職業の場合、レーシックをはじめとして視力矯正手術での回復を認めていない場合があります。
例:日本の航空各社の場合、航空身体検査基準に不適合となるなど。

レーシックをはじめとして視力矯正手術のリスクを減らす為に

レーシックをはじめとして視力矯正手術による合併症の多くは再手術や、治療によって殆どは回復させる事が出来ます。 しかし、そのような症状が発生しない事が一番です、リスクを減らし合併症を防ぐためにも、慎重に医院やクリニックを選ぶ事が大切です。

レーシックをはじめとして視力矯正手術の技術や機器は日々進歩しています、更に安全・高精度の方法がでて着る事も考えられますが、どのように技術や機器進歩しても最も大切なのは、検査やカウンセリングを行う医師とのコミュニケーションにより、自分の状態にあった手術方法を選ぶ事が重要です。 自分で納得し安心の出来る医院・クリニックそして医師を選んで、視力矯正の手術を成功させ視力を回復しましょう。

注目のクリニック

iLISAK(アイレーシック)が受けられるクリニック

レーシック 視力回復
神戸クリニックの特徴「生涯保証制度について」 ----------------------------------------------------------------

サイトMENU

Copyright (C) 2008 視力を回復したい方へ. All Rights Reserved.